訪問レスを活用しているため、「全国対応可能」

「貴重な治療時間の妨げとなる、面会時間を取られない、訪問レス式の会計・税務顧問」  一般的な会計事務所は、担当者(無資格者)が定期的に訪問し、試算表等の説明をし、説明する事がなくなると、「日常会話」をして帰ります。この時間に対して「顧問料」を頂くのが、普通の会計事務所の「ビジネスモデル」です。このサービスを受けている顧問先の声を聞くと、「担当者が良く変わる」、「いつも同じ説明で聞き飽きた」、「あまり必要性を感じない」、「忙しいから来なくて良い」、「訪問はいらないから料金を減らして欲しい」等という意見がありました。

 

 今までの会計事務所のビジネスモデルで成功するには、「担当者」の能力が大きなウエイトを占める事になります。どの業界でも同じですが、「能力のある担当者」は、独立するか、若しくはキャリアアップのために他の会計事務所や会社に転職するケースが多いのです。私も非常に悩みました。高い研修に行かせたり、勉強時間を確保するために仕事量を減らしたりしました。しかし、実力が備わってくると独立してしまうのです。

 

 今までの批判に答える意味から「担当者制」を止め、顧問先(お客様)の為の『商品』に重点を置くビジネスモデルに変更する事に致しました。無資格の担当者が対応するのではなく、経験豊富な資格者が、治療院経営の支援をする事で、治療院事業の成功が早まると自負しています。また訪問レスにすることで、どの地域でも対応する事が可能となったのです。
接骨院 整体院 開業 経営 柔道整復師 年収7.jpg