スッポット税理士

 

 開業したら、税理士と顧問契約をしなければならないと思っていませんか?

 

<回答> 受ける税理士の立場からすれば、長年お付き合い頂いた場合の方が、「顧問料」という対価が継続的に入金され

る事からとてもありがたいのです。

今までの経営者は、会計帳簿の作成が面倒だから「税理士」に作成を依頼する場合が殆どでした。

 

 しかし、IT技術を使った新たな金融サービス「FinTech(フィンテック)」が導入されている現在では、会計帳簿も、税理士との

顧問契約が必要なくなってきている現実があります。ネットバンキングから会計帳簿が自動的に生成されるのです。

 

そこで今後は必要な時に、必要な業務を依頼する事も、現場では起きることでしょう。

 

例えば、

 ・開業間もない企業が、自社で帳簿作成や申告ができるまで。

 ・税務上の問題が、自社だけの力では解決できなくなった時から

 ・当初、自社で行っていた経理業務を、戦略上アウトソウシングにする事を決定した時

 ・税務調査立会を依頼したい時

 

会計、帳簿作成、税務申告等の環境も変わりつつあります。 当然、税理士等の士業との業務契約も変わらざるを得ません。

 

 税理士法人フォルテシアは、クライアントのニーズを把握し、様々な経営場面でのお手伝いできる体制を準備しています。

      

      

  顧問契約をしない「スポット業務」

   

     例えば、

         ・開業後1期だけの依頼でもOK。

         ・融資のお手伝いだけでもOK。

         ・会計のやり方がわかったら、必要なし、OK。  等  

 

 どのような業務が必要かをお問合せ下さい。 

 

 

お名前(必須)

(例:東京太郎)
メールアドレス(必須)

(例:xxxxx@seikotuin-keiei.jp)
半角でお願いします。
お問合せ内容
※2500 文字以内でお願いします

内容をご確認の上、よろしければ下記ボタンをクリックして下さい。

上記ボタンを押した後、次の画面が表示されるまで、4〜5秒かかりますので、続けて2回押さないようにお願いいたします。

クラウド会計ソフトの導入・運営

全自動のクラウド会計ソフト「freee (フリー)」

  自動で会計帳簿が作成できるというのは、銀行口座、クレジットカードやSuicaのデータを会計ソフトに手動で入力することなく、自動取り込みが可能という事です。しかも、簿記の知識が必要なく、“仕訳”ができてしまい、試算表が作成できます。

「freee」を使用すれば、楽々で入力ができ、即座に経営成績を確認し、経営上重要な対策を打てることになるのです。

もしかしたら、入力だけを依頼する会計事務所が必要なくなってしまうかもしれません。

 

<手順>

1.口座登録

  「freee」を有効に活用するには、事業取引で「ネットバンキング」を利用する必要があります。そのログイン情報を入力する事で、freeeの会計ソフトに同期され自動的に取り込まれます。

 

2.現金支出登録

  電子マネーを活用しているのであればOKですが、貨幣や紙幣での取引では領収書を入力しなければなりません(これは他の会計ソフトと同じ)。しかし、「ReceReco(レシレコ)」を使用すると自動化できるのです。

 

3.請求書登録

  freeeの請求書登録を活用すると自動的に売掛金も発生し、「発生主義」にも適合します。

 

   税理士法人フォルテシアは、全自動会計システム「freee」&「MFクラウド会計の認定アドバイザーです。

株式会社フォルテシア

税理士法人フォルテシアは、中小企業の成長・成功を支援するために、正しい税務を提供する事を目的としています。

「税法」いう分野での適切なご支援を担っています。

 

一方、株式会社フォルテシアは、融資や補助金の活用の仕方からマーケティングやビジネスモデル作成等で、中小企業の成長・成功を支援をしています。

 

その手段に、「クラウド会計ソフトの導入・運営支援」や「CRM」による顧客管理分析を提供しています。